介護業界で長く働こう

注目が集まる介護職

おすすめ記事求人を探す際の注意点

少子高齢化に伴い注目される介護業界

介護のニュースが多く取り扱われるようになり、メディアでは介護の仕事をメインに取り扱うようなものも増えました。日本が抱えている社会保障に関する問題の一つでもある介護職の不足なども注目を集めています。そんな少子高齢化によって注目を集めている介護の業界について紹介します。

少子高齢化に伴い注目される介護業界

介護業界は雇用を増やす

日本の少子高齢化が進むにつれて介護という言葉も多く聞くようになり、介護はこれからの日本においてとても重要なことという認識が広まっています。高齢者が多くなることが問題というような誤解をされてしまいがちですが、本当の問題は高齢者を支える若者の数が少ないというバランスが悪いことが根本となります。
現在は昔に比べて活動的なアクティブシニアと呼ばれる人たちも増加しており、老後を安心して暮らせるような環境も整えられてきています。さらに介護の業界にスポットを当てて考えると、2000年から2015年にかけて介護職の数はおおよそ120万人も増加しています。日本の抱えている雇用に関する問題の中で介護業界は働く場所を提供しているということが言えます。

要介護者の数

介護業界が働く場所を提供できている背景には介護を必要とする要介護者が増えていることがあります。要介護者の人数は2000年の218万人から2013年には564万人と2倍以上に増加しています。そして要介護者はこれからもまだまだ増えていくことが予想されています。そのため介護業界はこれからも需要が増え続けていく業界ということがわかります。

2025年には

これからも需要が増え続けていく介護業界ですが、何より大事なことは2025年までにさらに介護の仕事をする人が求められているという点です。厚生労働省の推計によれば、2025年にはさらに70万人介護の仕事をする人が必要とされています。わかりやすく自分の周囲を考えてみても介護サービスを受けている人は数多くいると思います。介護を受ける人だけではなく、その家族にとっても介護サービスは毎日を生活するためには必要不可欠なサービスと言えます。要介護者である親を預けられる介護施設があるから働くことができるという家族も多くいます。
これからも高齢者の人たちは増え続けていき、それを支える若者の数が少ないという問題は短期的に解決することができません。そのため自分たちにもいずれは介護に関して考えなければなりません。こうした自分たちの身近な問題に関して活躍している介護業界は、これからの日本においてますます注目されていくことがわかります。

介護業界に興味があるならこの記事をチェック!