介護業界で長く働こう

介護職は何歳くらいまで活躍できるか

おすすめ記事求人を探す際の注意点

何歳くらいまで活躍できるのか

高齢化社会が進む中で介護職のニーズはとても高まっており、様々な介護サービスが提供されています。しかし一方で介護の多様化や需要に伴って、多くの現場で人手不足が目立っていることも事実です。介護業界は慢性的に人手不足が続いていることもあり、求人も常に出回っている特徴があります。そんな介護業界で働く介護職の活躍することができる年齢について紹介していきます。

何歳くらいまで活躍できるのか

介護職を始める年齢

転職を考えるときに迷うことが自分の年齢です。まだまだ若い20代前半の人たちは現在の仕事を転職することに対して年齢に関する迷いはないかもしれませんが、30代を超えてくることで転職の選択肢も減ってくることは事実で迷いが生じます。介護業界も通じるものがあり、若い世代の方が転職に有利であると言えます。
しかし、介護職は仕事で大事なことはどこまで気を回すことができるか、どのような社会経験があるかといった面もとても重要視されます。仕事ができるだけではなく、人に対してどういった接し方ができるのかという点を重視しますので一概に若い世代が有利とも言い切れない業界です。そのため介護職で働きたいと思えば年齢をそこまで気にすることなく転職をすることができる業界とも言えます。

50代以上の未経験介護士もいる

50歳以上になれば転職を考えることがないという人がほとんどだと思います。その理由にはあと10年もすれば定年退職という年齢ですし、また家族がいるため他の業界に移って働くということが考えにくいという理由もあると思います。こうした転職を考えにくい50歳以上の人たちも介護職には未経験として入る人がいます。現実的になかなか転職をしづらい年齢でも、介護職は新しく介護の仕事を始めることができます。
介護業界の仕事の中には直接的な介助だけではなく、介護事務や医療事務、施設利用者の送り迎えの運転手といった仕事もたくさんあります。そのため体力的に直接的な介助を行うことが難しいという人でも雇っている施設も少なくありません。
また、直接的な介助を行う仕事も年齢を理由に雇ってもらえないということはありません。そのため年齢を気にさせないような体力に自信がある人や、サービス業などで周囲に気を使いながら円滑な人間関係を築けるコミュニケーション能力の高い人は十分活躍することができます。高齢者を相手にすることが多い仕事であることから、年齢以上に重視される点も多いため年齢を気にすることなくチャレンジをすることができる業界です。

介護業界に興味があるならこの記事をチェック!