介護業界で長く働こう

介護職のキャリアパス制度

おすすめ記事求人を探す際の注意点

キャリアパス制度が整う

介護業界は様々な資格がありますが、介護士のキャリアパス制度を考えることでステップアップするために必要な資格を見つけることができます。

キャリアパス制度が整う

介護職のキャリアパス制度

介護に関係する資格は介護職員初任者研修の介護資格のスタートとも言える資格から、認定介護福祉士といった地位の高い国家資格であり介護職のゴールに近い資格などがあります。現在の介護キャリアパス制度では、自分のスタート地点から認定介護福祉士になるまでを考えていくことによって、介護業界でステップアップをしていくためにはどうすれば良いのかがわかりやすくなります。

介護職員初任者研修

無資格で未経験という介護職を始めた段階の人が目指すべきスタートとも言える資格が介護職員初任者研修です。カリキュラムは130時間用意されており、全てのカリキュラムを終えることで資格を取得することができます。最短で1ヶ月で取得することができるため、早く介護士として働きたいという人に向けた資格です。

実務者研修

実務者研修は介護職員初任者研修の次の段階と言える資格です。450時間のカリキュラムを全て修了することで取得をすることができます。現在は廃止されているホームヘルパー1級に相当する資格であり、持っていることでサービス提供責任者になれるといったことから介護現場ではニーズが高く、取得することで仕事の幅を広げることができます。

介護福祉士

介護福祉士は国家資格であり、介護業界の中では上位に認定されている介護資格です。介護報酬に関係して介護福祉士の人員配置を評価する傾向があるため、施設や事業者もなるべく多くの介護福祉士を雇用することを目標にしているところが多いです。そのため介護福祉士の資格を持つことで多くの現場で求められることが多くなります。
資格の取得難易度は他の介護資格に比べると高いですが、介護業界で長く働こうと考えている人にとっては取得しておきたい資格と言えます。そして介護福祉士はサービス提供責任者となることができるため、自分のやりたい仕事をするためにも取得しておいて損のない資格です。

認定介護福祉士

認定介護福祉士は介護福祉士のさらに上位の資格で、介護資格の中で最も上位と言える資格です。認定介護福祉士は介護福祉士の中でも多様な利用者や環境に対応することができ、サービス向上を指導するスキルを身につけることができます。介護福祉士の資格を有していて、実務経験が5年以上なければ資格を取得することができません。

資格を取得するなら

資格を取得するのであれば勉強をする必要がありますが、やはり独学であれば限界があります。受験費用もあるため毎年だらだらと自分で勉強を続けていて落ちてしまうのであれば受験費用がもったいないです。早く資格を取得したいと考えているのであればスクールに通って資格取得を目指すことをおすすめします。おすすめのスクールを紹介しておきますので介護資格の取得を考えている人はご参考ください。

スクールで資格取得をする

介護業界に興味があるならこの記事をチェック!